STEP休暇: オーストラリア ケアンズと熱帯雨林
ハワイ旅行も終わり、残りのダンナの休暇は3週間。
余韻を抱えてそのまま旅立ったのは、
テーマ・のんべんだらり、でのグレートバリアリーフ周辺18日間!
結構暇だよ、と脅されつつの本土ケアンズ滞在時も、
超長距離ドライブ、オージービーフ、熱帯雨林でモノノケごっこ、
オージービーフ、動物園でコアラ写真、オージービーフ、
オージー・・・と私たちなりに大満喫。

その中からひとつ、ケアンズ郊外にある「パロネラパーク」。
かのラピュタのモデルになったお城が熱帯雨林の中にあると聞き、
永遠に続きそうなサトウキビ畑をひたすら走り続けること数時間。
深い森の中にひっそり佇む、苔むし朽ちかけた古城に到着。
うんなるほどラピュタだ。天空の城だ!(思い込みが大切
「城主」に憧れてスペインからはるばるこの熱帯雨林にやってきて、
サトウキビ摘みの見習いから始めて、森を手に入れ、
半生をかけて城を建てた、という誕生物語だけで既にノックアウト。
宮崎氏参考説はガセらしいと、後で知ったのだけど。残念!(涙)
2004/06/19 michi
[ 写真はこちら ]
STEP休暇: オーストラリア グリーン島でゴージャスリゾート気分満喫♪
[ 写真はこちら ]
さて、今回の旅のメイン(ヨメ的)。
ちょっと、いやだいぶ奮発してのんびり「島滞在」。
まずは小さなサンゴ礁の島、グリーン島。
ほとんどの観光客が日帰りする島に、あえて4日間滞在。
最後の本土行きの船が出る夕方4時以降は、少数の宿泊者以外誰も人がいなくなり、島ひとつ貸切り気分!なのだ。
きれいな海で魚やカメを追いかけ、疲れたら海辺で昼寝。
島の裏側、誰もいない浜辺を散歩していたら、
急な通り雨とともに目の前の海にとてつもなく大きな虹。
雨宿りも忘れてふたりでびちゃびちゃになりながら、
こういうものを見るのと見ないのとで、案外人生って
変わるかも、なんて大袈裟な感動を覚えてみたりして。
2004/06/06 michi
STEP休暇: オーストラリア ハミルトン島の夕焼けと星空
[ 写真はこちら ]
そして、やれる時に何でもやっとこう!えいやー!
・・・とばかりに思い切って敢行しました島ふたつめ、
ハミルトン島滞在5日間。
グレートバリアリーフ最大、いかにもお金持ってそーなファミ
リーが集まるこれぞリゾートアイランドの極み、といった島。
島で唯一の移動手段のカートのレンタル料金が、
本土のレンタカーより遥かに高いのには驚いたけれど。
景色の良い昼寝場所を求めてはランチ小脇に島の中を彷徨い、
沈みゆく太陽を夕焼けの茜色が消えるまでじっと見送り、
道端で毛布にくるまって、空を埋め尽くす満天の星を眺める、
そんな日々。ええもう、癒されましたとも。

仕事の悩み?ちっちぇぇーなー。
・・・と、これを書いている今は既に現実に戻って、
ちっちゃなことに思い切り苦悩してるんだけどね。
2004/06/16 michi
STEP休暇: グレートバリアリーフでダイビング三昧
そしてもうひとつの旅メイン(ダンナ的)。
まるまる3日間を船上で過ごし、ひたすら潜ること11本。
・・・暗闇のナイトダイブ含む。

台風の中でかろうじて取った形ばかりのライセンスを握り締め、
(沖縄久米島コラムご参照あれ)
かなた沖へ運ばれていきなり「飛び込め!(in English)」と言われ、
涙目で全身を震わせているヨメ。
とはいえ、そんなヨメをひたすら海へ蹴落とす旦那のスパルタ教育の
甲斐あって、(本当はその機材着脱からメンタルケア=なだめすかし
まで、全面倒を見続けてヘトヘトだったダンナちゃん。ごめんて。)
気がついてみればすっかり
「趣味?うーん、やっぱりダイビングですねぇ。」な気分に。

必死に方向を考えながら泳ぐダンナの後ろをあんぐりとついていき、
広い海の中で二人だけ(ガイドつかないのよ)、
というちょっとレアなシチュエーションに酔ってみたり。
「初めて地球と出遭った気になる」(by森本レオ)は名言かも。
2004/06/10 michi
[ 写真はこちら ]
STEP休暇: ヨメ両親とハワイでバカンス
[ 写真はこちら ]
1ヶ月休み最初のイベントは、
「史朗&清美(ヨメ両親)とともにハワイ旅行!」
これまでハワイもヨーロッパも、
個々のカップルで別々に同じ地を踏んだりはしていたものの、
親と一緒に海外へ行くのはこれが初めてなのです、私(ミ)。

以前ふたりで行ったひと気の無いビーチへパパママを連れて行ってみたり、
ゴルフクラブに連れられ、みんなで一緒にコースを回ってみたり。
(クラブに球が当てることすらできない私はカートにて同行し、
ぐるぐるひとり遊び。それはそれで結構楽しかったり。)
実はひと足先にハワイへ新婚旅行に来ていた奈津(姉)夫婦と
おち会って3カップルでディナーしてみたり。
・・・新婚旅行なのにね。将くん(奈津ダンナ)お疲れー。

夜のワイキキビーチで、先に帰国した姉夫婦の置き土産ワインで酒盛り。
(ワインのつもりが、実はただのジュースだったと後になって判明。
アルコール0,1%未満、入ってたらしいが。どんな弱いんじゃ、我が一族。)

この旅の直前に、残っていた奈津(姉)を嫁がせ、
ふたりきりの生活がとうとう始まった史朗と清美。
すっかり酔っ(たつもりで)て、波打ち際にふたりで並んで波と戯れる
なんとも睦ましげな両親の背中を見ていると、なんだかほろりとくるものが。
子育て本当にお疲れさま。感謝してます。
ずっとふたり、そうやって仲良く元気でいてよね。

さー、次はみんなでどこへ行こうか!
2004/05/30 michi
STEP休暇
勤続3年毎に最大28日間の連続休暇がもらえる、会社の「STEP休暇制度」。今年で入社6年目(!)。いつでも取れる状態にあったものの、唯一の休暇取得条件「休暇復帰後の半年間は退社を認めない」を疎ましく思うあまりに敬遠しつづけてきたわけで...でもいい加減もったいないので取っちゃいました♪しかも良いタイミングで嫁も失業中だし。「2004年5月22日から28日間」フルフルで休みを獲得。さぁ何しよう?と散々二人でハシャいだ挙句、決定したテーマが:

 海と共に過ごす1ヶ月

というわけで右図のスケジュールのように、最初の1週間はミチパパ&ママと一緒にハワイでのんびり〜残りの3週間はケアンズ@オーストラリアでゆるりと過ごす事に。ケアンズでは2泊3日のダイビングクルーズ(船泊で合計11ダイブ可能なダイビング専用ツアー)に申込んでみたり、離島をふたつ、泊まり歩いたり。旅行用に新たにデジカメを新調するほどの盛り上がり様(ただし船泊に関しては、嫁が若干不安を抱いている模様)。
2004/05/19 bashi
バンド仲間大集合
[ 写真はこちら ]
久しぶりに大学時代のメタル仲間(+俺嫁)大集合。熱い魂持った小学校の先生、結婚しそうでなかなかしないヤツ、最近結婚+子供も出来た新米パパ、のらりくらりと人生楽しんでそうなReggae DJ君(本職)、実は街のチンピラ殴って前科一犯ついてたヤツ。それぞれがそれぞれの現実を生きているんだけど、こうやって集まって話してるといつも感じること・・・皆「根っこの部分は変わって無いんだな〜」って。日々の生活・世界がどんどん変わっていくなか、こうしていつ集まっても相変わらず変わらない連中・場所に触れるとなんだかほっとするよね。みんなから元気を貰えた気がします。ありがとう。
ではでは、metal up your ass, man! え?違う?
2005/05/13 bashi
Weblog導入
巷で話題の ウェブログ(またの名をブログ)を導入してみました。
手始めに、割と更新されずに放置されっぱなしな「ミチ日記」「バシ日記」を WEBLOG 形式に移行。
これで日記更新は行いやすくなったものの、はたして当人達の書き込みは増えるのか。
2004/02/03 bashi
新家族
[ 写真はこちら ]
職場でのダメージをため込み、
心身共に弱りきって部屋で丸まっているヨメを見て、
仕事を辞めて家でゆっくりする口実として、
そして何よりキズだらけ心の癒しとして、
旦那ちゃんが我が家に新しい家族を招き入れました。

命名「茶豆」。
ネザーランドドワーフ(兎。世界最小種)
11月11日生まれ。おとこ。

ただただ草を齧りつづける茶豆と
ただただそれを見つめ続けるわたしたち。
あああああ、可愛い。愛おしい。狂おしい。
まさに愛に狂う我が家に、
みなさま早く逢いにきてきて。
2003/12/18 michi
沖縄久米島でダイビングライセンス取得!
[ 写真はこちら ]
ダイビングをしたい!
そんな旦那の輝く少年のような瞳に押され
安易に乗った今回の旅。沖縄は久米島でライセンスを取ろう!

少年時代、水深5メートルプールの底にあぐらをかいて、
水面をボーっと見上げていた、という半魚人のような旦那とは違い、
足の立たないプールに入るくらいなら、ちょっと生暖かく
水質汚染気味のちびっこプールで泳ぐ方がマシだと思って生きてきた私。

ごく浅瀬での練習で、緊張のあまり過呼吸になり
ひとりプカプカと浮かんでしまったり、
シュノーケルで十数メートル泳ぐ間に3回ばかり溺れかかったり、
何度となく「私は陸でしか生きられなくていい!」と逆ギレかけましたが。

取れちゃいました、ライセンス。

水族館やペットショップの水槽の中に見た色彩豊かな魚たちが
泳いでいるんですよ、海面から注ぐ太陽光の中、うようよと!私たちの横で!!
7割は海という地球上で、いきなり自分の存在範囲が広がったような気が。

そんな大袈裟すぎる感動と興奮に包まれた私たちの前に、
沖縄で30年ぶりと言われる大型台風到来。

不完全燃焼、欲求不満でいじける旦那少年をあやしつつ、
転んで立ち上がることすら出来ない強風に襲われるわ、
一緒にいた小さなオトモダチ達は風に飛ばされて行方不明になるわ、
いやはや、貴重な体験をしてしまいました。

何はさておき、やっと出来たふたりの「趣味」候補。
また行こうね、一緒に。
2003/09/22 michi
妙義1泊 小旅行
小旅行へ行ってきました。
毎年恒例だった michi家の家族旅行に、新しい家族が加わって。

いやはや、感謝してます。
新しい形の旅行のきっかけを作り、実現させてくれた両親に。
嫁家族との旅行に喜んで参加し、気負うことなく楽しんでくれる旦那に。
そして、結婚という、新しい人生の形をスタートさせてもなお、
この時間が当然のように失われなかったということに。

旦那ちゃん、
こうして時々「娘」に戻ることを許し、むしろ歓迎してくれるアナタが、
今の私が両親に誇れる、最大の親孝行なのかも。
次回こそは、今回の旅で果たせなかった
「息子としてみちパパに買い物をねだる」を実現させようね。

そして、実は今回もうひとり増えていた参加者、Y田氏。
なっちゃん(おねえ)婚約おめでとう!!
交際4ヶ月半での家族旅行初参加、お疲れさまでした。
同じく初参加の旦那(もうじき交際4年)がちょっと拗ねてました。
2003/08/18 michi
隅田川花火大会
来場者数のべ90万人。花火が見たいが為に90万人が1カ所に集う。
アホかおまえら」と、いつもなら気にもとめない夏の花火大会。でも今年は「東向島 TomTom でランチしてから行こう」という文字通り"餌"につられて行ってきました。TomTomの窯焼きピザ...最高にウマかったです。ピザ生地が 薄生地・厚生地 から選べて、さらに乗せる具材バリエーションも豊富。次回行くのが楽しみ。
...ん?花火?あー寝てたからあんま覚えてないや。
2003/07/26 bashi

場所探しの途中で「飽きた!」「本当に見たい人手え挙げて〜」などと小学生なみのゴネっぷりを見せておきつつ、いざ花火が始まると目を輝かせて歓声を上げたり写真を撮ったりしていた旦那。
が、数時間前に窯焼きピザにすっかり上機嫌になって注文した飲めないアルコールが、ここへ来て効力を発揮。いくら1杯の9割5分を他の3人に奪われたからといって、やはり「アルコール摂取(超微量)→ところ構わず爆睡」の鉄則には抗えなかったようで。
途中までは白眼になりながら頑張ってたんですけどねぇ。

花火といえば、けいこ、空椰ちゃん誕生おめでとう。
またいつか、今度はお互いの家族と一緒に、河口湖のボートの上で花火を見よう。
2003/08/07 michi
結婚式の写真できました
[ 写真はこちら ]

結婚式しちゃった

紆余曲折ありました。
そこには、両親へ贈る結婚式への幼少からの私の夢があり、
隠し持って来た「花嫁」への憧れがあり、
私の希望を第一とする、式反対派の彼の大いなる譲歩と優しさがありました。

成婚の鐘が鳴り、教会の扉が開いた瞬間、
こちらを振り向きざま神父の横で滝のように泪を流したのは彼でしたが。
ていうか新郎泣き過ぎ。そしてはしゃぎ過ぎ。カメラマンもお手上げですわ。

たくさんの出会いがありました。
一個人として向き合ってくれたアンデレ教会の大畑司祭、
我が侭を聞いて特別メニューを作ってくれたスパゴのシェフ、
お金も取らずに朝から駆け付けてくれた今は無き「宙」の美容師のお兄さん、 直前までまとまらない多数の希望を見事に形にしてくれた花屋の矢代さん、
本人達以上のノリで撮影ツアーに連れ回してくれた上野カメラマンとお姉さんちょっと仲良くなった(気がする)デスクの松原さん、
どうもありがとうございました。

そして何より
あの究極の自作自演の空間に立会い、
祝福し、一緒に泣いてくれたりもしたみんな、
幸せな時間をくれて、本当にありがとうね。
2003/07/13 michi

Las Vegas & San Diego
「結婚式」から2ヶ月とちょっと。
共稼ぎのリーマン夫婦が最大限の権利主張をして勝ち取ったホリデイは9日間。向かった先は ZOO & Sea World @サンディエゴ。目的は、幼少時代をその近くで過ごしたダンナの少年時代の感動との再会。
名目は、新婚旅行!

ふたり一緒の海外旅行は既に5回めだけど(パパママごめんよ)、
ふたりで一緒に家を出て、ふたりで家に戻ってくるのはもちろんこれが初めて。

ついでのつもりで寄ったラスベガス。
王道過ぎて恐縮です。
が、かなり楽しい。楽しいですって。
街そのものが遊園地。食事は豪華で美味くて安い。これも欲に目がくらんだ人々が落としていく莫大な財の恩恵。その象徴のように砂漠のド真ん中に造られた、電気と贅とアミューズメントの濃縮空間。車を飛ばすと突如現れる砂漠地帯からそんな電気街を眺めていると、感動すら覚えます。

そして向かったサンディエゴ。
パンダだ、サイだ、オカピだ、白くまだ、マナティーだ、シャチだー!
動物園、シーワールド、サファリパーク、全て制覇した頃には獣臭さえ心地よく感じられたほど。(嘘
「世界的な動物保護」を唱い、片っ端から絶滅危機の動物達を群れに育てつつ、その副産物として作り出した大規模すぎるアミューズメント。いやはや、でっかい国ですねえ、アメリカって国は。
ちっこくて深い日本も、大好きですけどね。
ただいまー。
2003/07/02 michi
[ 残りの写真 ]
開発課解散会
バシ所属のWeb開発課が会社組織図から消滅した。Webのシステム開発案件だけで、課として存続できるだけの利益をあげられなくなったから。印刷系開発部署に業務ごと統合された。会社の本流は印刷制作系の開発だけど、本流そっちのけで独自路線を突き進む... そんな空気が居心地の良い集団。俺は好きだった。
会合の締めは課長の胴上げ。冷めた男共の集まりのはずなのに。
最初にして最後の胴上げ。
及川課長、お疲れ様でした〜。
2003/06/19 bashi
たこ焼き作った
友人のJ保氏が、嫁をつれて遊びに来た。
お互い 新婚ほやほやカップル。照れくさくもあり、新鮮でもある。狙いすぎ、という気も多分にする。

 新婚さんの特権

って事でここはひとつ。
J保氏嫁のU子ちゃんが、はりきって たこ焼き用鉄板(?)を持ってきてくれた。スーパーで材料を仕入れ、皆で台所で四苦八苦。否、嫁陣の手際よい立ち振る舞いにて、あれよあれよという間に「たこ焼き」と呼べる代物ができあがった。
この辺の能力はさすが娘共。同じ土俵で競おうとは微塵にも思わない。
またおいしいたこ焼き作ってくださいませ。 > 嫁のお二人
2003/05/25 bashi
館山でクルージング
「クルージング行かない?」
友人T木氏から届いた携帯メールは意味が判らなかった。詳しく聞くと、会社の先輩方が共同所有・運用するボートに乗せてくれる事になったからバシもどう?との事。クルージング... 楽しそうだなぁ。と、アウトドアなイベントに心躍らせる。昼寝万歳、ゲーム大好きなインドア派のくせに。

実際、メチャメチャ楽しかったです。風を受けてグングン進むスピード感。潮のにおいが満ちあふれる大海原の開放感。もぅ最高です。しかし、ただ1点。ノリノリ気分で騒ぐ若造どもをよそに、慣れた手付きで複雑な準備作業・マスト張り・後片づけ等々をこなしてくれていたボート所有者のお二人には

 多分に申し訳なく思っていました

次回は手となり足となり働きます。あまみやさん&おおたさん、また乗せてくださいね。
2003/05/24 bashi
[ 残りの写真はココ ]
バシ、27歳の誕生日
4ヶ月の休職から復帰して、また残業の日々に身を投じた。そんな日々が過ぎた後、プロジェクトマネジメントの重要性を痛感した。
初めて案件管理・工数設計の立場にたった。初期の工数設定を見誤り、みんなに迷惑をかけた。くやしかった。

ミチと一緒に暮らしたくなった。
妹に付き添ってもらって、婚約指輪を買った。
彼女の部屋でプロポーズした。

2003年4月12日。
アンデレ教会にて、みんなに祝福してもらった。
終始涙が止まらなかった。

26歳の1年間... 辛い思いもしたけれど、それ以上に幸せな思い出がつまった1年だった。
そして27歳。
2人暮らし1年目、ことしもいっぱい、素敵な思い出作りたい。
2003/06/01 bashi
Last Update
[ history ]
ミチとバシそれぞれの独立サイト
ミチ日記

最新書込み
カテゴリ「」
タイトル「」



続きはこちら...
バシ日記

最新書込み
カテゴリ「」
タイトル「」



続きはこちら...
2017 / 06
s m t w t f s
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2017 / 07
s m t w t f s
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
daily check
  Yahoo!天気情報
wedding archive
とにかく全部オリジナル。
それが、アットホームにこだわるヨメと、「金屏風の前に立つ自分」のイメージに恐怖するダンナによって、結婚セレモニー全てにおいて掲げられたテーマ。結果残った数々の思い出のアイテムたち。そんな産みの苦労も今となっては楽しい日々でした。そして実現した、本当に幸せな1日。素晴らしき協力者たちへ愛を込めて。
  [招待状] 表紙・背表紙 内容 地図

旦那制作・嫁監修の共同作品。要送付期限ぎりぎりの週末に、PCの前にかぶりつき状態で作成。デザイン旦那、文章嫁... と巧みな連携プレイにて2日で完成。印刷は嫁の親父さんの紹介でSTOCKPLUSにお願いできた。thanks to ミチパパ♪
  [コルクボード] 1 2 3 4 5

パーティ会場の余剰スペースに飾ろうと、お気に入り写真を大量に現像し、コルクボードにペタペタ貼り付けた。否、式前日深夜に妹の友達にレイアウト選定&ペタペタ貼り付けて貰った。thanks to Miyuki♪
  [動物] 全体 拡大

パーティー当日、各テーブルで1人ひとりへのメッセージカードを抱えて鎮座することとなった沢山のオトモダチ。お花やキャンドルなど、沢山の候補を押し退けての我らがオリジナリティー。銀座博品館の一棚を買い占めてちょっとご満悦でした。みんな、可愛がってくれてるといいなあ...
- porky -


2001/09/13@FrancFrancにて
BBS01
[ 過去ログはココ ]
おなまえ:

ミチバシ専用
サイト運用画面